一方的に書き連ねるブログ

航海してすぐ後悔

Firefox Web Extensionを作って公開した

こんばんは。腰痛が酷いはしだいです。

この度初めてFirefox Web Extensionを作成しました。

AMOでも公開していますし、せっかくなので記事書きます。

Web Extensionとは

developer.mozilla.org

要はブラウザの拡張機能です。いわゆるアドオン。

自分が欲しいなぁと思っていたものを作った形になります。

どんな拡張か

ハイライトしたものやリンク等を右クリックすると、検索エンジンに投げて別タブで結果を返してくれるFirefox拡張です。

@ninosekiさんが作っているMitakaがとても便利で、自宅・会社のChromeに入れて使っています。本当に便利で業務でもバリバリ活躍しています。(社内にも布教しました)

こういう拡張がFirefoxにも欲しいなぁと思ったので、n番煎じではありますが自分の学習と実用のために作成してみました。(私はFirefox派なので...)

なんてやつ?

Gotandaという名前の拡張です。

addons.mozilla.org

(完全にMitakaの影響を受けてます。)問題あれば修正するので許して。。

一応リポジトリも公開しています。

github.com

私がプログラミング初学者ということもあり、拙い処理とかもかなりあると思うので心優しい方のプルリクお待ちしてます。(他力本願)

SputnikというWeb Extensionを大いに参考にしています。

GitHub - mitchmoser/sputnik: Open Source Intelligence Browser Extension

最初はSputnikにPRしようと思ったのですが、私のほしい機能が日本向けの機能だったのでPR出すのはやめました。

機能は?

  • Whois Lookup
  • IP
  • Domain
  • URL
  • Email
  • CVE
  • SNS Account

を検索できます。(というか投げてくれます。)

例えば https://hogehoge.huga/

みたいなURLをハイライトして右クリックすると、コンテキストメニューにGotandaが表示されます。 そこから任意のエンジンをクリックすると自動的に別タブに検索結果を開いてくれます。

リンクを右クリックしても同様の使い方ができます。(StringsとLinkに対応してるってことね)

私は普段の業務でフォレンジック調査を行うことがあるのですが、不正アクセスやWebの改ざん等の事案が発生した際のヒアリングを行う上でいちいちいろんなサイトを大量のタブに開いてリサーチするのが面倒でした。

Mitakaを使ってリサーチとかもしていたのですが、前述の通り私はFirefoxのほうが好きです。理由はデベロッパツールが強力なこと、ローカルファイルが標準では開けないこと(file://)が理由です。

なので自分が欲しい機能をメインに作ってみました。

またフォレンジック調査はサイバー攻撃だけでなく、内部不正の調査を行うこともあります。その際に必ずと言っていいほどSNS系のルートも調査します。

SNSコンテキストメニューから開けたら便利だなぁと思ったので、日本の環境でユーザ数が多いSNSのアカウント検索を実装してみました。(Web上からIDやユーザ名で検索ができるものに絞られています。)

今後やりたいこと

  • コンテキストメニュー検索エンジン名にマウスオーバーしたらサンプルのクエリが表示されるようにしたい。
  • SNSアカウントの空白の有無による処理の分岐させたい。
  • 192.168.1[.]1等の[]を除外して、192.168.1.1に自動で直して検索クエリ発行したい。

今回は完全に自分用って感じで、他の人の役に立てるなら嬉しいなぁくらいの感じで開発しています。

使ってみたよとか、こんな機能追加しやがれとかあったら @HASH1da1 までお願いします。